スタッフ紹介

古川 樹里

常連で通っていて
気づいたら自分も店に立っていた

前職は品川のホテルで接客業をしていました。もともと、友人と武蔵小山に呑みに行くことが多く、赤提灯が気になって本店に行ってみたのが晩杯屋との出会いです。多いときには週に3日ほど通っていました。立呑み自体が初めての経験だったのですが、価格が安いのに美味しく、雰囲気が気に入ってしまって、直接、お店の方に働いてみたいんですけどと伝えて、働き始めました。

予想通りハードだけれど
その中で得られる喜びも大きい

大変そうだなと、なんとなく想像はしていましたが、実際大変でした(笑) 最初はドリンクづくりや簡単なことを、教えてもらいながら少しずつできることを増やしていきました。毎日メニューが変わったり、種類も多いので値段を覚えるのが大変でした。大変な中でも、常連のお客さまと知り合えたり、何気ない一言や差し入れをいただくことが何よりもやりがいになっています。
最近は、お客さまの動きを予想して、先を見越して動けるようになってきました。今は、調理を少しずつ教えてもらっています。経験を積まないとできないことなので、まだまだ簡単な盛りつけ程度しかできませんが、いずれは晩杯屋の味を自分でつくれるようになりたいと思っています。

MESSAGE

時間に追われることも多いので、体力はあった方がいいとは思いますが、慣れれば誰でも活躍できます。アルバイトでも社員旅行に参加できたり、ボーナスもいただけたり、頑張りをちゃんと評価してもらえる環境だと思います。