スタッフ紹介

西谷 和弘

他社には絶対真似できない
ビジネスモデルに惚れ込んで入社を決意

サラリーマンのような、長い年月をかけて昇格するような仕事が嫌で、やった分だけ評価される飲食業界の仕事に興味を持ちました。
高校卒業後、自分の店を持とうと思ったのですが、料理だけではお店は開けないと思い、マネジメントを学びたくて前職の会社に管理職として入社。ちょうど退職する時期に、立呑みが流行っていて、色々な店舗を見て歩く中で、晩杯屋の料理の値段の安さとクオリティの高さに驚きました。他社には絶対に参入できない強い武器だと確信。会社が大きくなれば色々なポストに就けるというのも魅力に感じ、入社を決めました。

独立を視野に入れながら
マネジメントに奮闘中

現在は店長という立場で、従業員の管理や施設の衛生管理を担っています。いずれはラーメン屋を立ち上げたいと思っているのですが、立呑みならではの回転率や店づくりについて、将来独立することを考えると、とても勉強になっています。今は、従業員が楽しく、モチベーション高く働けることを一番大切にしています。課題を与えて、できたときにはしっかり評価したり、お客さまにこうすれば喜んでいただけるよと、具体的に教えたりしています。実際に、お客さまからほめられているのを聞くと、楽しんでやっているなと、自分も嬉しくなります。マニュアルや、縛り付けるルールがない会社です。自分で創意工夫して店づくりにぶるけることができます。今後も、自分なりに試行錯誤しながら理想の店にしていきたいですね。

MESSAGE

面接で一番重視しているのは、まじめで一生懸命であるかどうか。この2つだけを求めています。お客さまからは若手もベテランも“プロ”として見られます。お客さまも気持ちよく感じるような働きができる人を期待しています。